人の手で確かめる信頼性の高い打診調査法

打診調査では、打診棒と呼ばれる道具を使ってタイルを一枚一枚叩き、音の変化から浮き、剥離等の劣化を判断します。

打診調査のメリット

信頼性 打診棒を使って直接職人が打診するので、その信頼性は非常に高いものとなります。
打診だけでなく、すぐ近くからの目視、直接触っての触診を組み合わせ、劣化部分を見逃しません。
高精度 赤外線調査より頭一つ抜けた精度で、浮きや剥離などの損傷を診断できます。
修繕前調査の正確な浮き・剥離数量判定に非常に有効です。
柔軟性 温度変化の少ない部位や、赤外線で撮影できない場所でも、人が一人入れるスペースがあれば、ロープブランコなどで打診調査が可能です。
また、剥落しそうな部分にその場で対処するなどの柔軟性もあります。

ロープブランコ無足場工法

従来、外壁を打診する際には大掛かりな足場を組まなくてはならず、予算が無い場合は手の届く範囲のみの打診や、目視できる範囲の劣化を基に建物の状態を判断しなくてはなりませんでした。
ロープブランコでは足場を組む必要がありませんので、従来よりも低コストで外壁打診が可能です

プロによる打診、目視、触診を行います

職人による目視と打診による音で、劣化状況を判断します。外壁の浮き、剥離、ひび割れ、爆裂、窓廻り及び目地シーリングの劣化などを点検します。劣化・損傷部の正確な数量を調べることができます。

足場費用がかからないので低コスト

ロープブランコは特殊な技能の為、時間当たり単価は高いですが、足場代がかからず、従来の足場仮設打診と比較して安価で済みます。また、部分的な点検も出来ますので、少量の点検で多額の費用をかけることなく点検が可能です。

足場が組めない現場でも点検が可能です

足場を組むにはある程度の幅が無ければ設置出来ませんが、ロープブランコでは人が通れる幅があれば作業が可能です。狭小地の高所も問題なく打診が行えます。

ピンポイント点検が出来ます

必要な個所のピンポイント点検が可能です。ロープブランコでは、お客様のご都合に合わせ、必要な個所のみを点検することが可能です。まとまった予算が無い場合でも、早急に点検しなくてはならない箇所のみ点検が出来ます。

高所作業車を使用した調査

学校校舎や老人介護施設、病院など、4階建てくらいの建物であれば、立地条件にもよりますが、高所作業車を使用した外壁打診調査が足場を組むより安価でお勧めです。

またオーバーハングのある箇所など、ロープブランコでは調査できない箇所に使用します。

仮設足場を使用した調査

お客様のご要望に応じて、仮設足場を敷設して全面打診調査をすることも可能です。

建物の診断・調査・修繕に関することは何でもお気軽にご相談ください
(一般戸建て住宅・木造住宅の調査は行っておりません)

お問い合わせ

東北事業所へお電話
北海道事業所へお電話

このページをお気に入りに追加

ページの上部へ