業務料金

豊富な経験と蓄積したノウハウを生かし、信頼性の高い調査を安心の価格で
実施いたします。

赤外線外壁調査料金

業務料金

  • (1)事前調査・計画(調査計画・外壁診断仕様書作成・提出)
  • (2)現地調査(全面赤外線調査・外観目視調査・部分打診調査)
  • (3)診断報告書(画像解析・目視・打診結果劣化部抽出総合診断・劣化数量・浮き率・損傷図面)作成
  • (4)劣化部抽出画像写真台帳(外観目視・部分打診・赤外線画像)作成
  • (5)外壁診断報告書・写真台帳データ作成

成果品

診断報告書2部・写真台帳2部・電子データ

成果品は製本版(PDF含む)の他、Excel・Word・JWCAD等ご要望にご対応いたします。

参考価格

調査対象外壁 ㎡単価 約150円~350円

※中型~大型建築物の基本的な調査料金です

調査対象外壁とは、外壁全体面積から開口部(窓など)面積を引いた残りの面積の外壁を指します。
費用算出の基となる外壁面積のことで、建物の床面積や外壁全体の面積ではありません。

正式な調査料金につきましては、建物の規模や形状、建物周辺の条件等により異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

コスト比較

7階建てのマンション、調査面積1,700㎡の全面打診調査を行った場合の、赤外線調査と打診調査(足場仮設)のコストを比較します。

※全ての調査において赤外線が低コストになるとは限りません。
※建物の状況や周囲の環境お客様のニーズに合わせて、最適な調査方法をご提案させていただきます。

<赤外線調査の場合>

赤外線調査での外壁診断なら、足場を必要としないので低予算にて安全に診断が可能です。
建物診断センターBIGの赤外線外壁調査なら、外壁診断から報告書作成まで、従来の仮設足場を組んでの全面打診調査と比べて費用や人員を大幅に抑えることも可能です。

項目数量金額
調査計画1式30,000
現地赤外線撮影、部分打診、外観目視調査1式150,000
赤外線画像解析・診断1式80,000
損傷図面(プロット図)・劣化数量表作成1式30,000
診断報告書・写真台帳作成1式50,000
諸経費1式50,000
合計390,000
<他社仮設足場による全面打診調査の場合>

ビルなどの高所を打診調査する際には、足場やゴンドラなどが必要になり、設置費用・安全対策費などが調査費用以上にかかってしまいます。
特に、外壁調査では道路に面した外壁を重点的に調査するため、足場敷設の際には道路や歩道を管理している所轄官庁の許可が必要になり、場合によっては期間中に頭上注意の看板や、ガードマンの配置などが必要になり、費用がかさみます。

項目数量金額
足場費1式1.200,000
打診調査費1式600,000
現場経費1式200,000
諸経費1式200,000
合計2,200,000

建物の診断・調査・修繕に関することは何でもお気軽にご相談ください
(一般戸建て住宅・木造住宅の調査は行っておりません)

お問い合わせ

東北事業所へお電話
北海道事業所へお電話

このページをお気に入りに追加

ページの上部へ